9月 03 2012

金の通貨・投資対象としての利用

金が資産運用としての投資対象となっていることには、次のような理由を考えることができるでしょう。
まず、換金性が高いということがあります。そして、金そのものが価値を持っている実物資産であるということ、また幅広く取引を行なわれているということ、そしてインフレにも強く、信用リスクと無縁である、所有をしていても税金が掛からないという特徴もあります。
Read more »

1月 16 2013

白金とホワイトゴールドの違い

ホワイトゴールドは、直訳をすると白金、という意味になります。ですが、白金とホワイトゴールドはまったく別のものです。
白金は最近ではあまり聞かない言葉かもしれませんが、プラチナという物質になります。
Read more »

1月 09 2013

K24、K18の意味

指輪、ネックレスといった金の装身具については、たいていのものが18金となっています。
この18金の装身具の場合、商品にK18という刻印が押されています。
Read more »

12月 27 2012

24Kとは

金というのは、24分率によって純度を表現しています。
24K、ということになると、純度100%のものであるということになります。
Read more »

12月 20 2012

スリーカラー

金のカラーバリエーションの中で、スリーカラー、といわれる分類があります。
ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールド、といったものが、三つのスリーカラーといわれるものになります。
Read more »

12月 14 2012

金とは

貴金属の一つであり、単体の金属としては非常に昔から認知されてきたものでもあります。
元素記号はAuで、ラテン語では金を意味しているaurumというものがありますが、元素記号はこれに由来しています。
Read more »

12月 07 2012

カラーゴールド

カラーゴールド、といわれているものがあります。
これは、純度が75%の18金に対して、それ以外の金属を25%混ぜることによって、合金としてつくられたゴールドについての呼称です。
Read more »

11月 30 2012

カラーダイヤモンド

実は、ダイヤモンドというのは無色透明であるものよりも、黄色などの色味を帯びたもの、褐色であるという場合が多くなっています。
結晶構造が歪んでいる場合、窒素やホウ素といった元素によって着色が起こる場合もあります。
そのため、無色透明のほうが自然と価値が高くなることになり、それに対して黄色、茶色などのように色がついたものは価値が落ちることになります。
Read more »

11月 22 2012

ダイヤモンド硬い理由

ダイヤモンドの硬度というのは、炭素元素が相互に作っている共有結合に関係しています。ダイヤモンドの場合、炭素原子が正四面体の中心にあるとすれば最も近い炭素の原子はその四面体の頂点にあることになります。頂点の炭素原子はそれぞれsp3混成軌道によって結合され、これが理想的な角度であるといえるものです。結合長は1.54A。
この結晶構造を持っているダイヤモンドである場合、これは立方晶ダイヤというように呼びます。それに対して、炭素の同素体であるグラファイトの場合、層状の六方晶構造をしており、この層内の炭素の結合はsp2混成軌道を形成しています。
Read more »

1月 23 2013

金や銀の重さ

金、というのは見た目に対してかなり重さがあるものです。
1kgのインゴットの場合、大きさとしては115mm×52mm、厚さ8mmほど。手のひらに乗るくらいのサイズです。
Read more »